原料の研究に関する情報

研究者のご紹介

ラルフ・イエーガー 博士( Dr. Ralf JAEGER )

アメリカ Increnovo 社 取締役

ドイツ ボン大学にて有機化学博士号取得。アメリカ カリフォルニア工科大学( Caltech )で博士研究員を務めた後、ドイツ デグサバイオアクティブス社にて、クレアチン、ホスファチジルセリンを初めとするスポーツニュートリション素材開発に関わる。その後、2007 年アメリカに Increnovo 社を設立する。認定スポーツニュートリショニスト( CISSN )、国際スポーツニュートリション学会特別会員( FISSN )。現在も多くのスポーツニュートリション研究・開発に関わる。American Gastroenterological Association( AGA )会員。

研究対象素材

  • Lipamin ロゴ
  • HMβロゴ
  • BetaTOR ロゴ
  • Ganeden BC30 ロゴ

マーティン・プープラ 博士( Dr. Martin PURPURA )

アメリカ Increnovo 社 取締役

ドイツ ボン大学にて有機化学博士号取得。その後ドイツ デグサバイオアクティブス社にて様々なサプリメント素材の研究開発に関わる。その後アメリカ Increnovo 社を設立して、現在も新規サプリメント素材の開発、品質管理、法規制、知的所有権問題等に関わる。

研究対象素材

  • Lipamin ロゴ
  • HMβロゴ
  • BetaTOR ロゴ
  • Ganeden BC30 ロゴ

ジョン・A・ラスマカー 博士( Dr. John A. RATHMACHER )

MTI 社の臨床研究および臨床検査サービス部長。アイオワ州立大学の共同助教授。

1993 年アイオワ州立大学にて博士号取得。MTI 社の研究科学者として HMB の商業製品開発をサポートした。査読付きジャーナルと数冊の本で 40 件の論文を執筆。

研究対象素材

  • HMβロゴ
  • BetaTOR ロゴ

デービッド・ケラー 博士( Dr. David KELLER )

Ganeden Biotech Inc. 社 学術関連及び品質管理担当副社長

2003 年より Ganeden 社にて有胞子性乳酸菌 GanedenBC30 の研究に従事し、現在まで 20 以上の臨床試験やレビューペーパーの論文作成、またアメリカFDAのGRAS取得に関わる。

研究対象素材

ソ・ヒョンジュ 博士( Dr. Hyungjoo SUH )

高麗大学生物新素材研究所長、高麗大学バイオシステム医科学部教授

1993 年高麗大学大学院にて食品工学科博士を取得。 日本理化学研究所化学工学研究室(嘱託研究員)、高麗大学生物工学研究所(選任研究員)、韓国食品科学会財務幹事、保健福祉部食品衛生審議委員、高麗大学保健科学大学学長を務めた。

研究対象素材

  • DNF-10 ロゴ
  • NoTress ロゴ
  • YGF ロゴ

チョ・スンモク 博士( Dr. Seungmok CHO )

韓国食品研究院機能性食品研究本部責任研究員(理学博士)

2004 年韓国釜山プギョン大学にて食品科学工学修士、2012 年東京大学にて応用生物化学博士号を取得、2006 年より韓国食品研究院にて責任研究員を務める。 専門は、食品の神経薬理効果、魚介類の加工及び健康効果で、現在までに 57 報の論文を執筆。

研究対象素材

  • SleepKol ロゴ