クレアピュア

" 筋肉にいいことクレアチン " クレアピュア

クレアチンとは…

クレアチンはアミノ酸の一種でもともと人間の体内でつくられる生命維持に必要な物質で、ATP の体内での合成を促進しエネルギー生産に寄与します。

体内では肝臓、脾臓、腎臓で生成されており、生成されたクレアチンは血管を通って筋肉に運ばれ、そのうち 95 % は骨格筋組織に蓄えられます。クレアチンは一度に多く摂取しても体内に蓄えられる量には限度があるため、日々の食生活で補給しなければなりません。クレアチンに身体機能を向上させる効用があることは以前から知られており、1996 年アトラン夕オリンピックでは選手の 80 % がクレアチンを使用していたと言われています。IOC(国際オリンピック委員会)ではクレアチンを食品と見なしています。現在では、トップアスリートだけではなく、一般の方々にもスポーツサプリメントとして愛用されています。

クレアチンの安全性

クレアチンは体内に存在する物質で、日常に食する肉や魚にも含まれているので、安全性に問題はありません。

食品に含まれるクレアチン( g / kg)

魚類肉類その他
ニシン6.5 〜 10豚肉5野菜微量
サケ4.5牛肉4.5果物微量
マグロ4    
タラ3    
カレイ2    

毎日必要なクレアチンの量は、2 〜 3 g。体内で合成される分と肉・魚から補う。

『クレアピュア』とは…

[図 1 ]クレアピュア の品質(測定方法 : HPLC 法)

  • ドイツのアルツケム社で、特許製法に基づいて生産された『クレアチン・モノハイドレート」です。
  • 現在流通しているクレアチンの中で、最も高純度な、最高品質の製品です。(純度 99.9 % 以上)
  • ドーピング物質は、一切含んでおりません。

筋力増強・維持、運動機能向上

クレアチンを摂取すると、大部分は筋肉に貯えられ、くれエアチンは運動時、筋肉に瞬時に大きなエネルギーを供給し続けるために働きます。筋肉でエネルギーが効率よく使われること、消費されたエネルギーを補給し続けることがクレアチンの大きな作用です。1996 年夏のアトランタオリンピックでは、参加選手の 80 % がクレアチンを使用していたと推定されます。「クレアピュア」はハードなスポーツだけでは無く、日頃の軽いエクササイズでも、気軽に続けられる身体づくりをお手伝いします。

エクササイズ面でのメリット

  • 筋肉が付きやすくなり、基礎代謝が上がる
  • 負荷の高いトレーニングに耐えられるよになる
  • エネルギーが長時間持続可能に
  • 運動中の筋肉疲労の緩和
  • 筋肉疲労回復のスピードアップ

人の効能試験

高速自転車こぎを 6 秒間ずつ、何回か繰り返す。
それぞれのセッションの間には、30 秒間の体力回復期をもうける。

高齢者やリハビリテーション

筋肉は使わないとみるみる落ちてしまいます。これは、お年寄りや怪我などで動けなくなった場合には顕著に表れます。階段の昇り降りや立ったり座ったりが辛くなるのは、運動量が減ったために筋肉量が減ってしまったことと、筋肉の若さが減って回復力も落ち、疲れやすくなったためといえるでしょう。

筋力の低下は、日常生活やリハビリテーションに深刻な影響を及ぼす要因となりますが、この改善のためクレアチンの処方が考えられました。

高齢者の低強度筋力トレーニングにおける筋力向上

高齢者の変形膝関節症に対する膝の痛みの軽減と運動機能改善

脳機能の向上

クレアチンは筋肉だけでなく、脳およぴ神経細胞にも多く貯蔵されており、そのエネルギー代謝改善効果から脳や記憶能力の改善につながります。短期間のクレアチン摂取( 1 日 8 g × 5 日間)が、計算能力の向上に寄与した研究報告もあります。

『クレアピュア』荷姿 / 賞味期限

内容量:
25 kg
外装:
カートンボックス
外装:
二層ポリエチレン
賞味期限:
製造日から 36 ヶ月